FC2ブログ

*All archives   *Admin

2015.02.02 (Mon)

塚脇聡 (趣味)

普通の板で深雪を滑ろう

水曜日21:40から
北村コーチのクラスでお世話になっている塚脇です
テニスは20年くらいやっていますが、
スキーはそれより10年くらい長くやっています。
マニアックなネタを掘り下げてよいということなので、
スキーの深雪の滑り方を紹介します。

広島生まれの広島育ちで
特に雪国出身とかスキー部だったとかいうことはない
ただのレジャースキーヤーです。
家族の共通の趣味がスキーで
年間15-20日くらい足を運んでいます。(左11歳,右7歳)
塚脇1

年末にキロロスノーワールド(北海道)で満喫してきました。
塚脇2

昔から、
どこでも自由に滑れるようになりたいという願望があり、
埋まりながら、転びながらも深雪にトライしてきました。
10年くらい前になりますが、
どか雪が降った次の日の林間コースで
コース外の区切りが消えており
ちょっとコースを外れると隣の谷に行ってしまい、
谷底への滑落をしないように迷いながら
何とか林道を見つけて滑り降りたら牧場があったので、
タクシーを呼んでもらいでスキー場に戻ったこともあります
そんなこんなで命がけで経験してきた
パウダーの滑り方をご紹介します

まずは道具ですが、なるべく長くて幅広の板が良いです。
ピステされたゲレンデをまともに滑れないような、
パウダー専用のぶっとい板が最近は売られています。
塚脇3

こんなのがあれば、
プルークボーゲンを卒業したような初中級の人でも
パウダーを楽しめます
うまい人なら腰上あたりまで沈むようなパフパフを満喫できます

ただし、こんなのを使う場面なんて
西日本ではほとんどないですし、北海道でも
パウダージャンキーと呼ばれるような人しか持っていないです。
板を何台も準備して
スキー場に向かう人はあまりいないと思います。
ましてや信州や北海道に遠征に行くときに
深雪用とゲレンデ用を持っていくのは移動が大変です
レジャースキーヤーはスキー場についてみて、
モフモフ斜面があるから飛び込んでみるのが定番だと思います。
こぶ斜面を止まらず降りて来られる程度の技術があるなら
レッツトライ
11歳の娘も6歳からコブを、
9歳のころから深雪を転んでも転んでも突入していました。

普通の板を使って深雪を滑るコツがわかれば、
西日本のどか雪くらいなら何とでもなります。
深雪を滑るコツを箇条書きで紹介します

① 度胸と体力
飛び込まないとうまくならないのと、
深雪は普通のゲレンデより除雪抵抗があるので
直滑降に近いくらいに縦に降りても速度が出ません
横にスペースを使うと思ったより大きな除雪抵抗で
バランスを崩しやすくなり、途中で止まって転びます
そのため,まっすく降りる度胸が必要です。
もし転んだ場合には
起き上がるのはストックが埋まってかなりきついです。
また、バランスがシビアなので
体勢維持のために太ももの筋肉をかなり使います。

② 斜面選定
ピステされたゲレンデとは異なり
なるべく斜度がある方が安全です。
膝上くらいまでの深さなら25度以上、
股下くらいの深さなら30度以上の斜度がほしいです。

③ 閉脚
足をなるべくぴったりつけて浮力を稼ぎましょう
ピステがかかったゲレンデで滑るように
足を肩幅にすると浮力が稼げません。
こぶ斜面を滑れる人は閉脚に慣れていますので、都合がよいです。

④ 前に乗らない
普通スクールで習うターンは
谷まわりで前寄りに加重してターンを始動しますが、
深雪だと前が沈むとスキーの上に雪が乗っかって前転します
センターからかかとまでの体重移動で滑りましょう
前傾するより後傾した方がリカバリーは楽です。

⑤ 踏みつける
何のことかわかりにくいかもしれませんが、
深雪は足元がふわふわしていて
ターンのきっかけがつかみにくいです
自分の体重をかかとに乗せて
雪を踏みつけることで足元にたわみを作ります。
その足場を使ってバランスをセンターに戻し、
いきたい方向へ飛び出す感じでターンします。
ドルフィンターンと呼ばれているターンです
この時のふわふわ感がやめられないのが
パウダージャンキーと呼ばれる人たちです。

とりあえず、これだけできれば
腰上くらいまであるところでなければ楽に滑れると思います。
深雪は特別な雪ではないです。
ボーダーだけに食わせるのはもったいないので
スキーヤーの皆さんもどんどんトライしましょう

最後に、キロロの非圧雪コース(長峰2-B平均斜度23度)での、
私の普通の板(K2 Apache Crossfire170)での
膝下くらいの深雪を
ショートターンで降りている動画を紹介します
ふわふわ感を楽しみながら、
沈んで浮いてを繰り返しているのが見えればいいなぁ。

http://youtu.be/JP_D0-ok7kI

Let’s Enjoy Skiing

スポンサーサイト



タグ : 趣味

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

はじめまして!早速、スキー板お洒落で太いですね。深雪の滑り方は、普通のゲレンデと違い直滑降なんですね。気持ちいいんでしょうね。私も独身時代はスキーにはまり、こぶこぶ滑っては、途中で止まってましたが、信州の頂上は眺めも最高でした。北海道は、更にパウダースノーなんでしょうね。スキーも家族で楽しめて、良いですね♪スキーもテニスと同じ生涯スポーツですよね。羨ましいです(*^^*)
バーバラ |  2015年02月03日(火) 21:30 | URL 【コメント編集】

スキーは十数年やってないですが
思わず行って試してみたくなるコツの数々です〜( ´ ▽ ` )ノ
家族みんなの共通の趣味があるっていいですね♪
北村コーチ |  2015年02月03日(火) 22:09 | URL 【コメント編集】

初めてのスキーは、白馬小谷でした。初日はリフトにも乗れず立つだけでいっぱいいっぱいでした。勿論雪質の事など分かりませんでした。
キロロスノーワールドはマシュマロ見たい素敵ですねですね!
塚脇さんの滑降姿もカッコイイですね!家族で楽しめるスポーツは有るのは素晴らしいですね!これからも仲良く楽しんで下さい!
河野コーチ |  2015年02月04日(水) 11:07 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://forestcoast2.blog.fc2.com/tb.php/92-6a291429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |