FC2ブログ

*All archives   *Admin

2014.12.15 (Mon)

真田秀和 (地域)

私は水曜日の11時10分からの初心者クラスで
河野校長先生にお世話になっている真田秀和と申します

2014年5月に65歳で
アメリカの会社を退職して帰国しましたので、
生活に関した事で日本と違うアメリカの生活に付いてお話します

車

アメリカの運転免許証は、各州で引越して3カ月以内に
その州の免許証を取得するように定められています。
免許証の試験は「運転免許事務所」に行って
カウンターで免許証の試験を受けたいと言えば、
問題用紙と回答用紙をくれて
「そばにある机でやりなさい、出来たら持ってきて
で開始しますが、制限時間無しで辞書の持ち込みもOKですし
州によっては日本語の問題もあります
(日本企業を誘致したい州)

アメリカは車社会で車がなければ生活出来ませんから
日本の様に「落とす試験」ではなく、
最低限運転に必要な知識とルールを問うものですから
エンジンやメカについての問題は有りません

私が1994年に初めて受けたアリゾナ州の場合は
問題が4種類ありますが
回答のパターンは1つしかありませんので回答用紙を渡すと
正解の記号のところに穴のあいたプラスチックの板を置いて
直ぐに採点をしてくれて80点以上なら合格です
(回答パターンをメモして行って受験する人も多くいます
 →カンニングですね

都合が良ければ実地試験をその日にしてくれます。
自分の車を持って行き試験官が横に乗って
その辺をぐるっと回って来るだけで、
発進、停止、信号に従う、右折か左折、
最後に道路の端にバックで駐車すれば合格です

無免許の人が試験場所まで
どうやって自分の車を運転して来たかなど、
ヤボな事は誰も詮索しないおおらかな国です

その日のうちに免許証を手にする事が出来ますが、
試験は簡単に合格できますが
「免許証を手に入れたら、その後の運転は全て責任」
を負わなければなりません。
ですからアメリカには自動車学校などは有りません

アリゾナ州は免許証の書き換えのコストを省くために、
多くの州の免許証の有効期限が5年間なのに
60歳の誕生日まで有効です。

アリゾナ州の免許
は私の物ですが有効期限が
私の満60歳の誕生日2008年10月23日になっています。
日本の免許証に無い、目の色、髪の色、身長、体重
が記入されていますがさすがに肌の色の項目は有りません。
9.11のテロの後は色々な面で規制が強化されて
永住権を持たない外国人の免許証は
「臨時免許証」と記入されて
有効期限は2年になった州もあります

インディアナ州の免許
はインディアナ州の私の物で以前は正規の免許証で
期間5年でしたが更新後はこの様になりました。

飲酒運転はしてはいけないのですが、
アメリカは車がなければ生活出来ませんので
皆さん飲酒運転をしていますが自分の限度範囲で飲んでいます。
検問などは有りませんが
蛇行運転をしていたらパトカーに止められて、
両手を広げて片足で立ったり真っすぐ歩かされたりして
お巡りさんが良いと言えばおとがめは有りません

飲酒運転で捕まれば、手錠を掛けられて
留置場に入れられて免許停止や罰金、
社会奉仕のゴミ拾いなどをさせられ
繰り返すと免許取り消しとなりますが
50ccのバイクは免許証が必要無いので
それで通勤している人もいます

参考までに、アメリカでは満21歳まで飲酒は禁じられています。
また、夜の12時から朝の8時までとか
日曜日は終日お酒の小売が禁止、
お昼の12時より前にレストランでお酒を提供してはいけない
などと州によって異なります。
州によってはスーパー等でレジの人が21歳未満の場合は
お酒のボトルやケースに触る事を禁止されているので
お酒だけを21歳以上の人がレジをしますし
買う人は全員身分証明証を提示します

車を手に入れる方法は、最近はリース契約が大半で
多くが36カ月契約で安い物だと$150/月から
高級車で$400/月以上です、新聞やテレビで盛んに広告しています。
現金で買う場合(支払いは小切手)は
ディーラーに行って「こんにちは~この車をください」
でそのまま乗って帰る事が出来ます
(リースの場合は手続きに1週間程度必要)

ナンバープレートは臨時の手書きの物をくれますので
車のどこか外から見える場所に貼っておけばOKで、
正式のナンバーは運転免許事務所に行って申請すれば
1週間で郵送してくれます
ナンバープレート
上が臨時のプレート

ほとんどの州でナンバープレートは後ろだけですが
ハワイ州は日本と同じ前と後ろに着けます。
フロントには趣味の物や
好きなスポーツチームのプレートを付けています

プレート代理
は私がアリゾナで付けていたバスケットチームのプレートで
広島ならカープかサンフレッチェと言うところです。

車の運転でほとんどクラクションを鳴らしません、
後進国に行くほど競争でクラクションを鳴らしますが・・・
アメリカでクラクションを鳴らして相手が怒って
銃で撃たれたらいけないので鳴らさないと言う人もいます。

ニューヨークのタクシードライバーは
後進国からの移民がほとんどなのでよく鳴らします
信号が赤でも右折は出来ますので便利です、
日本で信号が赤でも左折出来ると言う意味です。
無理な割り込みなどはしません車の流れが途絶えるまで待ちますし
追い越しなどは滅多にしませんので
事故はほとんど見る事は有りません
交差点に横断歩道や歩行者用の信号が有るのは
一部の大都市だけですから、
それ以外では歩行者が注意する必要があります。

通常の生活での買い物と支払いですが、
日本の様に現金主義では有りませんので
ほとんど現金は持ち歩きません
強盗にピストルを突き付けられた時の為に
$50程度をポケットに入れて置くと言う人もいます。

スーパーなどでの買い物の支払いは
90%以上がクレジットカードですが
一部の人は現金か小切手で支払います。
クレジットカードが主流ですが日本人がアメリカに行って
銀行口座を開設してもクレジットカードは発行して貰えません。
アメリカでの実績がないので
貯金、収入、支払いの実績が出来て
本人個人が信用出来る様になった6ケ月後位に発行してくれます
(英語のクレジットの意味は信用と言う事です)

日本発行のクレジットカードで一般的な買い物は出来ますが
ガソリンスタンドでは使えません。
また、クレジットカードの犯罪防止のために
アメリカの国外で使う場合は事前に届け出をして置かないと
ブロックされて使えません・・・
24時間常に監視しており
不正と思われる事があれば直ぐにブロックされます
私は過去に2回不正使用された経験が有りますが
直ぐにブロックされて新しい番号のカードを再発行されましたが
被害金額は全てカード会社が負担してくれます。

電気、電話、等の公共料金は毎月請求書と
小切手郵送用の封筒が同封されて来ますので
請求金額の小切手を切って封筒に入れて切手を貼って返送します
仮に現金を送っても受け付けてくれませんし
誰かがポケットに入れてお終いです。
小切手は銀行口座を開設したら発行して貰えますが
銀行口座を開設するには、
ソーシャルセキュリティ番号(社会保障番号)を取得して
パスポートや労働許可証等面倒な手続きが必要です
尚ソーシャルセキュリティ番号が無ければ
働く事も運転免許証も貰えませんので
1000万人以上居る不法移民は正規に働けないので
安い時給で働かされています
日本人も数多く居ると言われている。

小切手見本
は小切手で真田が山陽テニススクールに
100ドル50セントの金額を発行したもので、
これを銀行に持っていけば表記の金額が支払われる本物です。

ほんの一部の紹介でしたが州によったり、
今日現在は変わっている事もありますのでご理解下さい。

スポンサーサイト

タグ : 地域 生活

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

『アメリカ』と言う国は、大らかで何かと便利だけど、その分自分の身はv-26自分で守らないといけない国ですね!日本も最近はクラクションを鳴らすのに結構v-218勇気が要ると思っているのは私だけかな?赤い車v-353カッコいいですね!実物見たかったです。また、v-275忘年会でお話聞かせて下さいね!
河野コーチ |  2014年12月15日(月) 16:01 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://forestcoast2.blog.fc2.com/tb.php/86-9b97beca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |