FC2ブログ

*All archives   *Admin

2014.01.06 (Mon)

北のバイカー (趣味)

フリータイムでお世話になっている北のバイカーです
趣味はテニス以外に映画観賞、大型バイクによるツーリングです

今回はそのツーリングについて、
9月に行った「あわじ島2013年ソロツーリング編」のあ
わじ島への上陸までのお話を中心にお話します
続編のあわじ島でのお話は
機会があれば次回に書きたいと思います。

まずは愛馬の簡単な紹介ですが(*^^)
名前「ロードライナー」
排気量1900cc 重量 350㎏
ヤマハの逆輸入大型アメリカンです。

blog17.jpg
↑ 島根県 宍道湖にて

とにかくでかくて重い
(バックする時は車みたいにRシフトなく人力なので
 駐車に一苦労なんです(T_T))
ほんとにじゃじゃ馬ですが、
実はそこが買いの決め手の1つでした
この手のバイクはふくよかな体型の方が乗ってますが、
体型に恵まれない自分でも動かしてやるんだ
っていう想いが強かったんです(*^_^*)


「あわじ初上陸の思い出」
初上陸は未だ明石海峡大橋のない学生の頃で、
それはバイクではなく・・ ママチャリだったんです
良い思い出にと男4人が挑んだ
「ママチャリで前カゴに寝袋積んで、
 4泊5日で淡路島を1周しようの旅」 が始まりでした。
この旅が人生で初めてのツーリングで、
この旅がなければバイカーに至らなかったと思います。

当時橋はなく、現在廃止の「甲子園フェリー」に
ママチャリ乗っけて男4人で渡りました。
また現在の淡路島みたいにコンビニ等のお店の数は少なく、
外周を走ったのでさらにお店は0に等しく
食料の調達、入浴も困難でした
当然大変で、涙に始まり、涙で終わった旅でした。
涙が途絶えることのないくらい、
誰かが泣き、泣きやむとまた違う誰かが泣く・・。
初ツーリングは塩辛いものでした(T_T)

その数多く流した4人の野郎の涙の中で
一番思い出に残る「なみだ」は・・・・
男の内の1人、
名倉君(仮名、ネプチューンの名倉さんに似ています)
が流したものでした。
その栄えある涙は、3日目の夜(淡路島)
吹上浜キャンプ場で流れました
食料が調達できずその日は何も食べずにひたすら自転車をこぎ、
なんとかたどり着いたキャンプ場。
当時夜の気温が2℃、寒さで寝袋で4人が寄り添ってましたが
風と冷たい地面、壁1枚向こうで
野犬が吠えまくっていて安眠できない状況。
その苛酷な状況下ということもあったのか、野郎の内の1人、
名倉君が突然肩を震わせながら号泣しました
子供のように肩を震わすほどの泣きっぷりは、
これまで流してきた野郎の涙の中でもスケールの大きい涙でした

他の3人はその様に唖然としていました。
肩の震え方がすごかったんです肩でダンスをしている様で、
ダンスにおいて今までにない
型破りなショルダーダンスの誕生の瞬間のようでした。

その様に口を開けること以外に何もできないでいると、
名倉君は耳を疑うような一言を発したのです。

「おかあさんに会いたい、会いたいよお~

他の3人は、背中をさする以外は何もできませんでした。
3人は何もできないことに悔み、
また乗り越えれない壁があることに気付いたのです。
(俺たちは励ましあい、力を合わせてここまで乗り越えてきたのに、
 名倉君にとっての心のよりどころが目の前にいる俺達ではなく、
 お母さん俺たちはどんなに力を合わせ頑張っても
 お母さんになってあげれない
気付けば4人とも笑い泣きしていました(T_T)
本当にいい思い出です。

この思い出が今回の淡路島2013ツーリングのきっかけでした
あわじ島があれから十数年どう変わったのか、
またあんなに苦労して自転車で走った外周を
バイクで思いっきり走り抜けたかったです

「出発直後に」
十数年ぶりのあわじへいざ出発ー
アクセル全開で夢と希望を抱いて駆け抜けたんですが・・
間もなく「キキー、ドーン
なんとびっくり、バイクは抱いていた夢・希望と共に
地面にゴロリンしたんです(T_T)
場所は福山市内の下り坂で、乾いた路面に徐行速度だったのですが
ブレーキをかけると何故かタイヤがロックし、
滑ってしまったのです
恥ずかしい限りです。

幸い徐行速度で転ぶ直前に飛び降りたので自身の怪我はなく、
バイクもエンジンガード付けていた為
エンジンに支障はありませんでしたが、
心と共にサイドミラーが折れてしまい
進路変更が困難になりました
でも一番のショックは当時転倒した理由が分からなかったこと
技術的なミスなのか、整備不良ブレーキの故障
の先走って良いのかなど・・
とにかく原因が分からなかったことが辛かったです。

茫然とバイクの前に立ち尽くしていました。
・・・・はっと我に返ると
転倒したバイクの後ろには渋滞ができてました
バイクを起こそうとしましたが坂道で
バイクのお腹が空を向くような転び方で
なかなか起こせませんでした。
渋滞をなしていた車は
次々とバイクを避けて通り過ぎて行きました・・。
俺が女性だったら助けにきてくれたんやろうなあ~、
次からかつら持参やと思いました笑

そんな馬鹿な思いにふけっていると、
通り過ぎた1台のトラックが目の前で止まり、
30代のお兄さんが心配そうに、
大丈夫ですかと駆けつけてくれました
(えっいいの女性でなく俺男ですけど…(/_;))
後悔するなよと言わんばかりにヘルメットを脱いでやりましたが、
顔の様子から、男っといった様子もなく
終始満面の笑顔で一緒にバイクを起こして頂きました。
純粋で素敵な方だと、感謝と共に感心しました。
逆にかつらを利用しようと企てた俺は何なのと思いました笑

その方のトラックをよく見ると「伊藤園」と書かれていました。
そのあと「お~い、お茶」を2本、倍返しで飲みました
お兄さんありがとう
これからもおいしいお茶をたくさんの方に届けて下さいね
自分はもう少し大人になります(^^


「修理」
起きたバイクはサイドミラー以外は問題ありませんでした。
ミラーは手や最低限の工具でも復元不可で、
走行上危険なのでまずはバイク屋を探しました。
もし修復できた場合でも、転倒の原因が定かでない以上、
ここから200km以上ある淡路島まで行くことに
強く不安に思ってました。
幸運にも走り始めてすぐにバイクのお店を見つけました
店長さんらしき男性の方が忙しいにもかかわらず
慣れた手つきですぐにミラーを元通りに直り、しかも
「ここに寄ってくれてありがとう」と
タダで直して頂いた上に感謝まで。
さっきのお兄さんといい、店長さんといい・・
眩しすぎて目が眩みそうでしたカツラの自分が情けないです
かつらで覆うべきは頭ではなく、
この悪い心だったのかもしれませんね笑
いや覆うだけでは・・店長さん心の修理もお願いします


「転倒の原因」
お店をあとにし福山市内のホテルへ向かいながら考えてました。
下り坂でブレーキを前輪タイヤメインにした為、
タイヤがロックし転んだのだと
重心が前に傾く為、下り坂でのブレーキは
後輪タイヤの方をしっかりかけないといけないことを
教習所で習ったのをふと思い出したんです。
確信に変わり、再び淡路へ夢と希望を抱くことができました(^.^)


今回のお話は以上になります。
次回機会があれば、
あわじ島上陸編もよろしくお願い致しますm(__)m

スポンサーサイト



タグ : 趣味 旅行

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

怪我が無くて何よりですe-343
淡路島まだまだ遠いですねe-330
続編楽しみに待ってますe-2

名倉君の話、何度聞いても笑えますe-257
緒方コーチ |  2014年01月06日(月) 13:17 | URL 【コメント編集】

夕日にe-69光るバイクはなんとも痺れますね!伊藤園のお兄さんの顔見たかったです。無事で何よりです。スクールに来る時は、車だと思うけど、これからは特に安全運転でお願いします。今年もよろしくお願いします。
河野ーチ |  2014年01月08日(水) 19:11 | URL 【コメント編集】

ママチャリ旅行大変だったんでしょうけど羨ましいですね〜( ´ ▽ ` )
自分も行ってみたい(≧∇≦)

ツーリング話♪続きが楽しみです( ´ ▽ ` )ノ
北村コーチ |  2014年01月11日(土) 23:00 | URL 【コメント編集】

淡路島はいいところです。
明石海峡大橋は夜に見るととても綺麗ですね。
私も5年くらい前に行きました。
財布にはいまだに淡路で買ったお守りが入っています。(てか、めんどくさいからそのまま)
バイクの転倒怖いですね。速度を出しているときのスリップ、段差などには十分注意してください。
 |  2014年01月14日(火) 17:46 | URL 【コメント編集】

★コメントありがとうございます!

今回は旅立ちメインで、淡路島上陸のお話がまったく出来なくてすみませんでした。
上陸編は旅立ち編とは異なり、お話ししたいことが沢山あります!その中でエピソードを厳選できず未完結に終わりました(^_^;)
現在も話の厳選、構成を考えてまして続編の公開日は未定ですが、前向きに頑張りますので公開の際はよろしくお願いいたします!
北のバイカー
北のバイカー |  2014年01月19日(日) 18:35 | URL 【コメント編集】

学生時代のママチャリ淡路島一周旅話、描写が上手でおもしろかったです☆
母親はいくつになっても大きな存在です。
フロントタイヤがいってしまったら「あっ」と思うた瞬間、9割がたコケますよね~
でもホンマに怪我がなくてよかったです。
続編楽しみにしてます!
ちなみに、私(女性)がコケたときは、、、誰も手伝ってくれませんでしたよ(泣
み~(しげこ) |  2014年01月20日(月) 15:35 | URL 【コメント編集】

★しげこさんコメントありがとう!!

お久しぶりです、最近お見かけしないですが今もあの可愛いカブで通われているのですかね。この前スクールで気温が1℃でしたよ!!スリップに気を付けて下さいね。って、人のこと言えないか・・笑
ママチャリ話、喜んでもらえてうれしいです(^^
他の方々にも同じようなお言葉を頂いて、昔の経験が今になってもさびることなくお役に立てて良かったです。一刻も続編を書かなくては・・
大丈夫!!自分が助けに行きますから転んでもご安心をヽ(^。^)ノいやいやお互い怪我のないように安全運転で行きましょう!!
北のバイカー |  2014年01月22日(水) 23:39 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://forestcoast2.blog.fc2.com/tb.php/38-cc623bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |