*All archives   *Admin

2017.07.03 (Mon)

松山繁 (趣味)

シーゲル松山のカメラ編(その①)

今はスマートフォンで凄く綺麗な写真が撮れます。
どのような自動設定になっているか理解をすれば、
より良い絵が撮れると思います
そこでカメラの設定に関するお話をいくつかしたいと思います


カメラでの撮影の条件として
シャッタースピードと絞りがありますが、
まず何を撮影するかどういう絵を描きたいか
によって選択肢が変わってきます。
今回はシャッタースピードについてです

シャッタースピードって何
シャッターが開いてから閉じるまでの
速さ(時間)の事を言います
この速さ(時間)を変えることで
次のような効果(表現)が得られます。
特に動きのある被写体を撮影する場合に有効な設定です

a)シャッタースピードを速くする
動きの速い被写体の動きを止める事が出来る。
例えば、走っている電車の動きを止めた撮影が出来る。
1_20170701213043406.jpg

b)反対にシャッタースピードを遅くすると
動いている被写体がブレた絵になります。
2_20170701213041d45.jpg

動きのあるものを撮影する場合は、
ある程度シャッタースピードを速くしないと
被写体がブレてしまいますので、
その時はシャッタースピードを速くすることで
ブレの無い撮影(絵)が出来ます

<豆知識 :手ブレの限界>
一般的に使用するレンズの焦点距離以上のシャッタースピードが
手ブレしないスピードと言われています
例えば、焦点距離50ミリのレンズでは1/50秒、
200ミリの望遠レンズだと1/200秒以上
のシャッタースピードだと手ブレしにくいと言われています
また、望遠レンズになればなるほど
手ブレしやすくなりますので注意は必要です。

では、手ブレを起こさない方法としては
・出来るだけ速いシャッタースピードを選択する
・三脚を使用しカメラを固定する
・カメラのISO感度を上げる
 (デジタルカメラの場合は容易に可能)
・レンズの絞り値を小さくする 等等

シャッタースピードを遅くすると
シャッターが開いてレンズから入ってくる時間が長くなるので
カメラ(フイルム、デジタル)により多くの光が入って来る。
そのためシャッタースピードが遅くなればなるほど
多くの光を取り込んで明るい写真となる
また、反対にシャッタースピードが速くなると暗い写真となる。
3_20170701213040fe4.jpg

次回は、絞り編です。



スポンサーサイト

タグ : 趣味

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

テニスプレーの写真を、もっときれいに撮りたいと思っていても、中々上手く行きません。速いシャッター速度に挑戦してみます。電車の写真は尾道ですよね!
これからも為になるお話期待しています。よろしくお願いします。
河野コーチ |  2017年07月04日(火) 22:39 | URL 【コメント編集】

シャッタースピードについて
わかりやすく説明していただき
ありがとうございます😃
絞り編も楽しみにしてます❗
山内 |  2017年07月11日(火) 20:03 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://forestcoast2.blog.fc2.com/tb.php/209-da4b0c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |