*All archives   *Admin

2016.08.08 (Mon)

熊田紗也 (テニス)

こんにちは、ミニかんとくです
この間、兄の最後の高校の試合を見に行ってきました。
コピー (1) ~ DSC_0073_2

車で行ったため、2時間半くらいかかりました
ついてすぐ、葦陽の女子の試合が始まりました。
私が見ていた選手は、とても膝を曲げて打っていて、
力強い球を打っていました
相手をよく見ていて、効率の良いプレーをしていました。
相手をサーブでワイドに逃がし、
コートの空いたところにボールを決めたとき、
凄くかっこいいと思いました
逆に相手が攻めてきて、
ポイントを取られそうな場面がありました。
でも、それもすぐに体勢を整え、
ボールを深いところに返し、ポイントを取りました
その選手は見事勝利をおさめ、笑顔でコートから出てきました。
それを私は拍手で迎え、
自分のことではないのに、とても嬉しい気持ちになりました

コピー (1) ~ DSC_0035_2
次は、兄を含める、葦陽男子の試合です。
シングルス1の兄は、早くにコートに入りました。
5歳上の兄の試合からは、学ぶことがたくさんあります
兄は自分より遥か強くて、私はその背中を追っています。
普段の練習の時も隣のコートにいますが、
ラリーの時の打球音の迫力に、
ついついとなりのコートに目が行ってしまいます
テニスをしているときの兄はとてもとても楽しそうで、
一番あったかい顔をしています
そんな兄の顔を見ていると、私も元気がもらえるのです

コピー (1) ~ DSC_0045_2
同じ葦陽の部活の仲間たちの応援のおかげか、
勝つことができましたが、
団体としては、惜しくも敗れてしまいました

コピー (1) ~ DSC_0048_2
これで葦陽の名を背負って戦う試合は全て終わってしまいました。
最後の試合の時の、
「大丈夫大丈夫」「次はいけるよー」などの、
応援の言葉が印象に残っています。
最後に観客席に『応援ありがとうございました
といった時は、とても感動しました。

さて、団体戦の次は個人戦です
朝会場に着くと、中国ランキングの
トップとトップ2のシングルスをやっていました
遠くから見ても分かる強烈なプレーでした。
結果はトップが勝ちましたが接戦でした。


さて、肝心の兄の試合が始まります。
一回戦の相手も強かったですが、勝つことができました
コピー (1) ~ DSC_0061_2 
そして次の相手は先ほどの中国トップの人でした。
前のウインターでも戦いましたが、敗れてしまった相手でした。

コピー (1) ~ DSC_0065_4
鋭い球でコートの隅に次々と決められ、
トップの実力を感じました。

コピー (1) ~ DSC_0062_2
結果は1ゲームしかとらせてもらえないまま
終わってしまいましたが、到底敵わない相手に
一生懸命戦っている兄の姿を見ていると、
私はそれだけで十分でした

私が今回の試合を見に行って感じたことは、
葦陽の仲間たちの絆の深さです
団体戦、最後で負けてしまった仲間を責めることは一切せず、
元気出せよ、と声をかけてあげていました。
私がこんなことを言うのもあれですが、
兄は素敵な仲間に恵まれたと思います

コピー (1) ~ DSC_0068_4
高校3年間、お疲れ様。
大学に行ってもこれまでと変わらず
テニスを続けていってくださいね



お知らせ
9月25日(日)びんご運動公園にて
第1回「テニスの日」びんごテニス祭りを開催します。
申し込み方法その他詳細は以下の特設ページをご覧ください

クリックで特設ページへ⇒第1回「テニスの日」びんごテニス祭り
facebook記事はこちら⇒facebookグループ

たくさんのご参加お待ちしています。
スポンサーサイト

タグ : テニス

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

中国大会と言v-354グレードの高い試合を目の前で観戦することが出来て、お兄ちゃんからいっぱい勇気をもらうことが出来て良かったですね!これからのさやちゃんのe-220につなげて下さい。期待しています。頑張って下さいv-91
河野コーチ |  2016年08月08日(月) 19:19 | URL 【コメント編集】

レベルの高いテニスを見たことは紗也ちゃんのテニスにも良い刺激になったかなe-3
レベルアップ目指して頑張っていこうe-271
緒方コーチ |  2016年08月11日(木) 16:21 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://forestcoast2.blog.fc2.com/tb.php/168-37c20a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |