*All archives   *Admin

2016.06.27 (Mon)

藤井幸子 (生活)

田植え日記

1_2016062417564422f.jpg
田植用の苗を作る為の籾です
昨年刈り取った物を必要量だけ保管しておきます。
保管方法が悪いとネズミにかじられます

2_20160624175642950.jpg
苗作りの準備です。
中身の詰まった良い種籾を選ぶために塩水選を行います
見ただけでは、軽い籾と重い籾の区別はつきません。
塩水を作って籾をその中に漬けます。
良い籾は重く、塩水につけたときに沈みます
浮き上がった軽い籾を取り除き、
底に沈んだ重い籾だけ種籾とします

3_20160624175629d01.jpg
種籾を害虫や病気から守る為消毒液を作って
24時間漬けておきます

その後10日間真水に漬けて籾の芽を出しやすくします。
4_20160624175627805.jpg
籾の芽が出やすくなったら水からあげて苗箱に土を敷き詰め
籾撒き機で籾を撒いていきます。

田植え機のサイズに合った苗箱


5_20160624175626b9a.jpg
籾撒き機
ローラーで転がして表面に籾を撒きます。

6_2016062417562524e.jpg
籾撒き後

7_2016062417562336a.jpg
これだけ作ります

8_20160624175608e1c.jpg
撒き終わったら整地した田んぼに籾を撒いた苗箱を並べ
シートで保温して苗を育てます。
15cmくらいになるまで2週間位かかります。

9_20160624175607e36.jpg
田植えが出来る位までに苗が成長しました


10_20160624175605484.jpg
苗が成長したら田植えをする田んぼの準備です。
トラクターで耕運したままの状態に水を入れただけでは
表面が凸凹の為田植えが出来ません

耕運後の状態


11_20160624175604f26.jpg
表面を平らにする為田んぼに水を張ってトラクターで掻き混ぜ
土をドロドロの状態にします。
これを『代掻き』と言います

水路からの水張り中

12_20160624175602585.jpg
水はため池から用水路経由で入れます

今は農家が少なく水が余っている為問題は無いのですが
昔は下の田の方は中々水が回ってこない為
水の取り合いで良く揉めていたそうです
ため池は稲作用の水の確保と大雨の時に水を溜めて
洪水を防ぐ役目を果たしています

昔は稲刈りが終わったら水がいらなくなるので
ため池を干して鯉やフナを捕って食べていました

13_20160624175548994.jpg
水張り後の状態


14_20160624175547f85.jpg
トラクターで撹拌し田の表面を平らにします。

代掻き中


15_20160624175545adf.jpg
代掻き後

代掻き後は未だ表面が柔らかすぎて田植えが出来ないので
このまま3~4日放置し土を沈静して少し固めます。

16_20160624175544c64.jpg
3~4日経過したら苗を箱から田植え機に移して植え付けます


17_20160624175542f62.jpg
無事田植えが終わりました。

これ以降も稲刈りまで多くの手間がかかります

米の漢字は八十八と書く為米が出来るまでに
88の手間が掛ると言われています

ちなみに今まで福山の米の品種は『ひのひかり』
という銘柄が主流でしたが農協の指導により
『恋の予感』という銘柄に変わりつつ有ります

スポンサーサイト

タグ : 生活

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

米作りとなると家庭菜園のようにはいかなく大がかりで大変でしょうね
その分お米は美味しいでしょうね^^
作業中膝にはじゅうぶん気を付けて下さいね
北村コーチ |  2016年07月06日(水) 16:55 | URL 【コメント編集】

やっぱり日本人はお米ですよね!私、毎朝お弁当を作って会社に来ています。毎朝e-429を炊いてます。これからも美味しいお米を作って下さい。
河野コーチ |  2016年07月07日(木) 22:27 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://forestcoast2.blog.fc2.com/tb.php/162-5acad5d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |