*All archives   *Admin

2016.06.20 (Mon)

丸谷祐司 (旅行)

水曜初級受講の丸谷です
ブログには2回目の登場です

4月に出張で台湾へ行ってきました
2泊3日で、あっという間でしたが、その時の事を記します。
行ったことある方はご存知でしょうが、
食べ物は非常に美味なものがたくさんありました

現地の人も食にはこだわりを持っていて、
お昼のお弁当でも暖かくないと駄目らしいです
現地の会社でいただいたお弁当がこちら
1_201606151402304cf.jpg
ボリュームもさることながら
暖かい状態で出されてとても美味でした


その日の夜、観光客のみならず地元の人たちもよく行く
夜市(士林夜市というところ)に連れて行ってもらいました
2_201606151402287e9.jpg 
3_2016061514021728d.jpg 
4_20160615140215a7a.jpg 
チャーハンや現地の野菜炒め、エビのスープなど6人で食べて、
全部で5000円かからなかったくらいでした

そのあと、いろいろ食べ歩き、
サトイモをすりつぶしてミルクとミックスしたドリンク
5_201606151402144dd.jpg

フライドチキンのようなもの、とても大きい
6_20160615140212847.jpg

あと食べなかったですがエビ釣り
7_201606151402119c2.jpg 
釣り上げたエビをその場で焼いて食べさせてくれます
興味ありましたが、この時点でお腹いっぱいでやめました
これ以外にも、現地の方に
これ食えあれ食えと教えてもらいましたが、食べきれず
また行ってみたいですねぇ

そして3日目の朝、ホテルのプランに朝食がついていましたが、
あえて朝市に行くことにしました
朝も台湾人は、そこかしこの屋台で食べて
出勤する人が多かったですねぇ。
8_2016061514015744c.jpg

最初に食べたのは、
魯肉飯(ルーローハンと読み、牛丼のようなもの)と
豚の血を固めたものを具にしたスープ
9_201606151401553f0.jpg 
豚血は最初はえぇと思いましたが、
とても素朴ですっきりした味で、朝にはぴったり


朝市は新鮮な野菜がたくさん並んでいました。
10_20160615140154970.jpg 

お肉を売っているすぐ横で、
服を売っている店もありましたが・・・(臭いつきそう・・・)
11_20160615140152baa.jpg

もう一軒、麺屋さんにも入りました
12_20160615140151fef.jpg 
13_2016061514014031b.jpg 


現地での移動は主に自動車でしたが、
最後に同行者にワガママを聞いてもらって、
台北市内から空港近くまで高速鉄道で移動しました
日本の新幹線の技術を導入していて、
車両は新幹線そっくりでした
14_201606151401386b7.jpg 

40kmほどの移動で約500円ちょっと、
日本のグリーン車に当たるビジネスクラスでも
合計約1000円程度だったので、こちらに乗りました
JRの在来線と同じほぼ料金でビジネスクラス
15_20160615140137579.jpg

さらに日本にはないですが、
途中でドリンク(何種類かある)とお菓子(マドレーヌ)
が出てきました(日本以上
16_20160615140135c49.jpg 
車内で食べようと駅のコンビニでお菓子調達しましたが、
ダブってしまいました

ちなみに、普通車の写真も撮りました
17_20160615140134df8.jpg

2列-3列で、日本の新幹線と全く同じですねぇ。

おいしいものを食べたいと思ったら、台湾お勧めです
スポンサーサイト

タグ : 旅行 食べ物

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

ほんとv-405新幹線そっくりですね!ドリンク&飲み物付は日本の新幹線もやってほしいですねv-218
河野コーチ |  2016年06月24日(金) 15:57 | URL 【コメント編集】

さすが台湾!
おいしそうですね~♪
魯肉飯ははずせないですよね
雰囲気も最高
行ってみたいものです(^^♪
北村コーチ |  2016年06月27日(月) 21:06 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://forestcoast2.blog.fc2.com/tb.php/161-9a9fe133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |