*All archives   *Admin

2016.06.06 (Mon)

真田秀和 (旅行)

国際列車
水曜日昼の初級クラスでお世話になっている真田です
私は国内や海外を列車で旅をして、
その地の風景や歴史と文化に人々の生活を見るのが大好きで
今迄にアメリカ、カナダ、ペルー、オーストラリア、韓国、
マレーシア、シンガポール等の国々を列車で旅をしてきました
国際列車と言うのは
国境を越えて2国間以上を走る列車の事を言います
皆さんが海外旅行される時は、
ほとんどの場合飛行機で国境を越えられるので
空港での出入国手続きは経験されていると思いますが、
地上を列車で国境を超える場合のお話をします。


カナダ ~ アメリカ合衆国の場合(アムトラック)

カナダのバンクーバーからアメリカのシアトル経由
ポートランド迄の太平洋沿岸に沿って
アムトラックの国際列車での国境越えの旅の場合です。
バンクーバーは世界で最も住みたい街として有名で
非常に綺麗で海流の関係で冬も割と温暖な街です
1_2016052720510031e.jpg
       バンクーバーの街並み

始発駅のバンクーバー中央駅で出入国審査が有ります。
これは空港の手続きと同じで、
手荷物のX線検査~カナダの出国手続きを済ませ~
アメリカの入国審査官が駐在するアメリカの入国審査場で
申請書を提出して入国審査を受け、
その時点でパスポートにアメリカの入国のスタンプが押されます、
そして初めて列車の待つホームへ入る事が出来るのです
ホームは金網で囲われているので外部への出入りは出来ません。

2_20160527205059371.jpg
3_2016052720505746d.jpg
    バンクーバー中央駅(上)とアムトラック(下)

4_201605272050564e2.jpg
 列車とホームと金網
 (ホームの高さは地面と同じなので
  乗降用の踏み台が置いてあります)

5_201605272050544d3.jpg
アムトラックの車内(イスはゆったりで向きが変えられる)

列車は無事に出発してカナダとアメリカの国境
(特に国境を示すフェンス等はありませんでした)を越え
アメリカに入ったところの駅でない場所に停車して
「乗客は座ったままパスポートの写真のページを開いて
係官の見える様にして待ちなさい」と指示があり待っていると、
でっかい45口径のピストルを腰にした入管の係官
(あんなピストルで撃たれたら人間は吹っ飛んで一巻の終りだな
と恐くなりました)が一人一人確認して歩いて行き
全員の確認が終わると列車はスタートして
アメリカの停車駅シアトルに向かいます

6_201605272050419b7.jpg
          シアトルの駅構内

シアトルに到着すると
通常の列車の様に自由に乗り降りが出来ます
バンクーバーとシアトル間はリアス式海岸沿いに走るので
海が見えてきれいですがシアトルとポートランド間は
内陸を走るので日本の風景によく似た感じです。
尚、9.11同時テロ以前は、アメリカ国籍を持つ人は
カナダとメキシコにパスポートなしで自由に出入りが出来ましたが、
現在ではアメリカ人も
パスポートが無ければ出入りできなくなりました


シンガポール ~ マレーシアの場合(マレー鉄道)

マレー鉄道はシンガポール~マレーシア~タイのマレー半島を
縦断する国際列車ですが
超高級なオリエントエクスプレスが有名で
シンガポール~タイのバンコク間
2泊3日の夫婦2人旅で100万円もします
私はシンガポールの始発駅タンジョン、バガー駅から
マレーシアの首都クアラルンプールまでの急行列車に乗りました。

7_201605272050405d2.jpg
       早朝のタンジョン、バガー駅

8_20160527205038322.jpg
          乗車した急行列車

タンジョン、バガー駅では普通に電車に乗るのと同じで
特に国際列車を意識するようなものは何もありませんでした
国境を越えてマレーシアに入ったところで
トレインチェックポイントと呼ばれる「国境検問所専用駅」に
列車は停車して「乗客は荷物をそのままにして
パスポートを持って出入国の手続きをするよう」
アナウンスがあり乗客はぞろぞろと降りて駅の建物の中に入り、
最初にシンガポールの出国手続きをして
次にマレーシアの入国審査場に移動して
入国申請書を提出して入国審査を受けて
パスポートに入国のスタンプを押して貰ったら完了です
元の列車の自分の席に戻ります、
全員が席に戻った事を確認したら列車は出発しますが、
この駅は出入国審査のための駅ですから
外に出る事はできません。

9_2016052720503731a.jpg
シンガポールとマレーシアの国境
(塔の場所が国境で向こう側がマレーシアです)

10_20160527205036844.jpg
下の写真がマレーシア側にある「国境検問所専用駅」です。
写真の中央のドアから入って手続きをします。
ベールを被った女性が映っていますが
マレーシアの国の宗教はイスラム教と定められていますので
小学生くらいから女性は宗教の戒律に従ってベールを被ります
私が大人の女性に聞いたら
「暑いのにこんなものは被りたくないが外に出るときは被り
 家にいる時は取る」そうです。


私が旅行した時は、現在の様に
国際的なテロなどの無い時期でしたから
今日現在とは多少の違いが有るかも知れません。

スポンサーサイト

タグ : 旅行

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

金網がある駅は何か重圧感がありますねv-12
タンジョン、バガー駅は寺院のようでねv-354それにしても色んな国でそれぞれの文化に触れて、きっと素晴らしい出会いも沢山された事と思います。また、色々お話聞かせて下さいませv-221
河野コーチ |  2016年06月06日(月) 23:13 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://forestcoast2.blog.fc2.com/tb.php/159-cc56a624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |