*All archives   *Admin

2014.11.24 (Mon)

原田由美 (テニス)

イギリスに12年間住んでいて、
4年前にイギリス人の主人と一緒に日本に戻ってきました

イギリスと言えば、、、色々ありますが、
やはり、テニスをしている人には‘ウィンブルドン’ですね

イギリスではウィンブルドンの期間中
毎日テレビでお昼の12時から夜試合が終わるまで放送されます。

そして、もちろん
実際にウィンブルドンに行って試合を観ることができます。

私たちも、ラッキーなことに5回も行くことが出来ました

チケットの入手方法ですが、良く知られているのは、
当日、いや、前日に並んで買う方法

これはかなりの体力と情熱が必要です
(試合も観ないといけませんからね)

では、並ばなくても手に入れる方法は、、

応募して抽選です。(オリンピックもそうですね)
センターコート、第1コート、第2コートなどの指定席のみ。

前年の8月~12月の間に申し込み用紙を郵送し、
その翌年の2月に抽選が行われ、結果が郵送されます。

当選すればチケットを買う権利が得られるのですが、
日にち、コート、席はすでに決められていて選べません

それで自分の都合と合って行くのであれば
チケットの代金を小切手で返送、
大会の1か月前くらいに念願のチケットが届きます

そうしてやっと手に入れたチケット、
私たちが初めて行ったのは、2003年6月28日(土)

ミドルサタデーのセンターコート
(1週目の土曜日でロイヤルボックスには
 有名人が沢山招待されています

席はほぼ最後列。
視力の悪い私は双眼鏡で
プレイヤーやVIPの顔を確かめていました。

その日の試合では、アンドレ・アガシ、日本の森上亜希子、
当時のイギリスのスターティム・ヘンマンがプレーしました。
コピー (1) ~ agassi serving 2003


その次は2005年、センターコートで前から8列目くらい、
選手の席の後ろあたり。
私たちが行った中で一番いい席でした

メンズセミファイナルで
ロジャー・フェデラーとレイトン・ヒューイットの試合。

快音が鳴り響き、彼らの声がすぐそこで聞こえました
federer hewitt 2005 semi final

その後アンディ・ロディックの試合が始まったのですが、
途中でウィンブルドン名物の雨でその日は中止となりました。

今はセンターコートには屋根が付いているので
このようなことはないですね。


そして2006年、この年2回行ってるようですが、
1回目の記憶と写真が殆どありません

主人によると、1回目は第1コートでまた途中から雨で、
さっさと帰ってしまったら後で再開されたようです。

ナダルの試合を見逃したらしいです

2回目がレディースファイナル
もちろんセンターコートで
ロイヤルボックスには、故マーガレット・サッチャー氏が

アメリ・モレスモとジャスティン・エナンの試合。接戦でした。

試合が終わると直ぐにセレモニーが始まります。
コピー (1) ~ ladies final 2006


最後は、2008年、長~い1日でした。

センターコートでまたフェデラーとヒューイットの試合
コピー (1) ~ federer hewitt 2008

フェデラーがすんなり勝ち、レディースの試合も終わり、
アンディ―・マリーとリシャール・ガスケの試合がスタート。
コピー (1) ~ murray gasquet 2008

イギリス中が注目しています。

しかし、、、マリーは0-2で第3セットも危うく、
もう終わりか、、、
コピー (1) ~ murray gasquet 1946 2008

ところが、、、
観客の声援を受け、盛り上がり、、、なんと、2-2へ
日も暮れ始めてガスケは何度も延期を希望していたけど
聞き入れてもらえず、、、

もう、観客は大盛り上がりですし、、、

で、結局マリーが3-2で逆転勝ち
終わったのが21時半ころでした。

イギリスの夏は夜9時過ぎまでは明るいのですが、
その時センターコートにはライトもなく、
終わったころはもう薄暗くなってました


こうして色んな試合を観てきましたが、
誰がどのコートで試合をするかは
前日までわからないので(決勝、準決勝以外)
全て運ですね


他にも色々ありますが、最後に初めてのウィンブルドンでの話。

試合の合間をぬってトイレなどに行くのですが、
席に戻ろうと通路を歩いてたら、
‘日本の方ですか’と声をかけられ、
振り向くと車いすに乗ってユニフォームを着た人でした。

‘日本から来られたんですか’と聞かれ
“こっちに住んでいます”みたいな話をし、
‘僕も試合に出てますので良かったら観に来てください’
と言われました。

その頃日本の選手のことはあまり知らず、
知っていたのは杉山愛くらいで、、、

そうなのです、その人は国枝慎吾選手だったのです。
後で知りました。

サインもらっておけば良かったかな


伝統を重んじて昔ながらの方法を
あまり変えてこなかったイギリスですが、
今ではセンターコートに屋根が付き、
チケットも海外からは
インターネットで申し込みが出来るようになったようです

興味のある方はトライされてはいかがですか


スポンサーサイト

タグ : テニス 地域

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.17 (Mon)

K (旅行)

10月19日 秋晴れのもと、
私たち親子は、いざ宝塚歌劇へと出掛けました


某旅行会社のツアーなので、
私たち親子を含めた20名ほどを乗せたバスは
山陽自動車道を走り、
10:30の開場より少し早く駐車場に着きました

                     
無題1 
ここからは、自由行動なので娘と二人、
どんどん中へと歩んで行きました

                    
無題2 

田舎者だと思われようが構いません

撮影を許される場所ならば撮りまくりました

(#^^#)

無題3 

見たのは、これ(‘ω’)ノ

妖精のPUCKが、人間に恋をする…という内容でした。




最後に、お土産コーナーで物色していると、
目に留まったのが、これ(@^^)/~~~


無題4 

宝塚と言えば、やはり、≪ベルばら≫ですよね

でも、ベルばらグッズなんて、どこにもありませんでした
( 一一)

と、まあ、親子で宝塚を初堪能した一日でありました

タグ : 旅行

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.10 (Mon)

伊藤秀志 (趣味)

みなさん、こんにちは~

月曜日21:40~23:10上級(緒方コーチ)クラスに通っています
伊藤 秀志と申します

『テニススクールと愉快な仲間たち』には初登場、
生徒紹介ブログから実に4年半ぶりになります

『試合に行こう』ブログは、
チョコチョコ書かせていただいていますので、
ご存じの方も多いかと思います。

さて、今回のブログを書くにあたり、某Rコーチより、
イベントブログにて”キラーパス(笑)”が出されまして
書くことになりました

前回のブログで新車を紹介していましたが、
今回も納車したばかりの新車をテーマに書きます
あんなパス出されたのでは、
このテーマにするしかありませんけどね(笑)

前回の車を購入してから、5年経っていないのに、
「もう買い替えかよっ」という声が聞こえてきそう
ですが、衝動買い癖のある私は、
「欲しい」と思ったらガマン出来ないんですよね~

前置きが長くなりましたので、そろそろ写真を。

コピー (1) ~ 20141011_103404
コピー (1) ~ 20141011_103447
車種は、SUBARU XV HYBRID

色は悩みましたが、結局ヴェネチアンレッドパール
(といっても限りなくワインレッドに近い)にしました。

年間走行距離が多いので、思い切って今回はハイブリッドカーに

昔、SUBARU インプレッサWRXに乗っていたこともあり、
SUBARU車が好きだったこと・元スクール生の方が、
尾道店で店長をされているのを聞いて
売り上げに協力したいということもあり、決めました

K本店長、
その節は大変良くして頂きましてありがとうございました

コピー (1) ~ 20141011_134058
運転席回りはこんな感じ

コピー (1) ~ 20141012_073129
ハイブリッドカーなので、こんな表示もあったりします

とにかく、機能が多すぎてとても覚えられません(笑)
納車時に説明を受けたのですが、2時間半もかかりました・・・

まだまだ、使いこなせていない機能や
触ったことすらないボタンなど楽しみはいっぱいありますが、
荷物が載らなくなったのが、少し残念ですかね

K本店長からも、車種を伝えた時、
第一声が「本当にXVでいいんですか荷物が入りませんよ
って言われました。さすが、よく御存じで・・・(笑)

荷物は厳選して載せるような工夫が必要ですね。

長々と書きましたが、
ハイブリッドにしたことで燃費を気にするようになり、
より一層の安全運転をするようになりました

しばらくは、コイツと楽しみたいと思います

みなさんも、SUBARU車をご検討されるのでしたら、
是非 広島スバル尾道店へ

では、また4年後に




タグ : 趣味

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.03 (Mon)

松本 (食べ物)

土曜日8:30から
北村コーチにお世話になっております、松本です
英語講師をしています
現在小4から高3までの生徒さんと一緒に勉強しています。

10月になると街はハロウィンということで、
かぼちゃのおばけの飾りなどが目につきます
最近は仮装パーティーなど、子ども向けのものから
大人向けのものまで楽しいイベントがたくさんあったりして、
ハロウィンって日本でもすっかりメジャーになりましたね
教えている子どもたちもなんだか仮装して
お菓子をもらえる日だとわかっているようで、
10月にはいると、ハロウィンは何をするの
と、そわそわ聞いてくるのがとっても可愛いです

ところで、なんで仮装するのかご存じですか
実は悪霊をはらうためだといわれています
そもそもハロウィンって日本でいうお盆のような日で、
亡くなった方の魂がかえってくる日だそうです
その時よい霊だけでなく悪霊もかえってくるので、
悪霊の仲間のふりをしてとりつかれないようにと
仮装したのがはじまりだそうです。(諸説あります。)

私事ですが、以前アメリカ人の知り合いが主催する
ハロウィンパーティーに参加しました。
仮装といっても当時まだ若く100%日本人のわたしは
恥ずかしさもあり、猫耳カチューシャだけつけて行ったのですが、
ドアを開けて皆様のコスチュームや
飾り付けの本格さに圧倒されたのを覚えています。
猫耳だけの私の方がかなり浮きました
さすが本場でしたわ(^^)


さて、前置きが長かったのですが、
去年作ったハロウィンのデザートを紹介します
ネットで見つけました
そうそうHalloween party ideasと英語で検索をかけると、
本当におぞましい楽しいメニューがたくさんでてきますよ
興味のある方はのぞいてみてください


<ハロウィンおばけの白玉ぜんざい>
無題1
お団子8個分です。
材料: 白玉粉       50g
水       45cc
ブラックココア   小さじ1/2
カボチャのスライス 2~3切れ
あずきの缶詰かパウチのぜんざい
(市販のもの)適量

1. ボールに白玉粉と水をいれて
  耳たぶのかたさになるまでこねる。
2. そこから直径2cmくらいの団子をとりわけて
  ブラックココアをまぜる。
3. 白い方の生地からお化けの形をつくって、
  2で目や口をつくる。
4. 3をゆでる。
5. カボチャをレンジで1分ほどチンして星形にぬく。
6. 缶詰(パウチ)を鍋にだして、
  水(分量外)を加えて好みのぜんざいをつくる。
7. 6を器にもって、4、5をうかべてできあがりです

簡単ですぐできる割に見た目がかわいいので、
お子様によろこばれますよ
ぜひお試しください
それでは、皆様もHave a scary & spooky halloween




タグ : 食べ物

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |