*All archives   *Admin

2018.06.18 (Mon)

ABEちゃん (テニス)

こんにちはABEちゃんです

第34回福山市議会議長杯ダブルステニス大会
に参戦してきました。

今回はダブルスの大会初参戦ということで、
木曜メンバーとふるふるでLINE交換し、
スクール以外でも集まって練習をしてから大会に臨みました
1_20180617084401be3.jpg

テニスを産休中の妻も暇つぶしに応援にきてくれました。
2_20180617084359b25.jpg

1日目は、雨のため1回戦のみ消化
2日目は、初戦から第2シードとの対戦
試合序盤3-0リードと有利に試合を進めますが、
中盤以降私のボレーミスが目立ち接戦に・・・
ペアの久安さんに要所で助けてもらい
なんとか逃げ切り8-6で勝利(^^)

その後は、3回戦8-3、QF8-5と
苦戦しつつもなんやかんやと準決勝へ
この前シングルスで負けた中学生ペアとの対戦、
今回はダブルスのため得意の定位置で打ち合い8-5で勝利(^^)
しかし、ここまで初戦から合わせてなんと51ゲームを消化
ふぅ、やれやれだぜと思いながら第1シードとの決勝へ

試合序盤から相手のスピンのきいたサーブとストロークに
対応できず劣勢に
結果1-8で敗戦結果は準優勝でした。
3_20180617084358e8d.jpg

1日で計60ゲームを消化し、ヘトヘトになりました( ;∀;)
妻は、5試合も観戦できて大変満足している様子ですが・・・。

応援してくれた同じクラスのみなさんと秋山さん、河村さん、
緒方コーチ、ついでに妻ありがとうございました
4_20180617084356c35.jpg

ダブルスはシングルスと違い1人ではないので
楽しい雰囲気で試合できました
秋は反省会ではなく祝勝会ができるように
ふるふるメンバーと練習頑張ります🍺

スポンサーサイト

タグ : テニス

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.04 (Mon)

Y.Ando (テニス)

火曜20:05の安藤です
神戸ワールド記念ホールで、12/2-4の3日間行われた、
コカコーラIPTL
(インターナショナル・プレミア・テニスリーグ)
を観戦してきました
コピー (1) ~ 0 
WOWOWでも中継されていたので、
ご存じの方もいると思いますが、
IPTLは、5チームが各開催国
(UAE、シンガポール、インド、フィリピン、日本)
を転戦するリーグ戦です
一流プレーヤーたちが、(アジア選手以外は)
出身国とは特に関係なく、それぞれのチームに属して戦います
出場選手は大会によって異なります。
1つの試合は6ゲーム先取の5セットマッチ。
男子シングルス、女子シングルス、男子ダブルス、混合ダブルスと
男子レジェンド・シングルスを1セットずつ行い、
勝敗は5セットでとったゲーム数の合計で決定します

今回、日本チームが参戦したことにより、
日本で初めて開催されました
今回の主な出場選手は
男子:錦織圭、ラオニッチ、ガスケ、キリオス、
   ベルディヒ、モンフィス
女子:シャラポア、セレナ・ウイリアムズ、アナ・イバノビッチ、
   ベンチッチ、サマンサ・ストーサー、奈良くるみ
レジェンド:サフィン、イバニセビッチ、フィリポーシス
などなど(敬称略)。
日本で、しかも西日本で
これだけの選手が見られることってないですよね。

チケット代は1日あたり7,000円~100,000円。
コート近くで観戦できる席はかなり高額です
2人分の3日通し券となると・・・。うーんキツイ
ということで、会場全体が見渡せる最上階のA席で我慢しました。
コピー (1) ~ 1 
コピー (1) ~ 2


コートがちょっと遠いですが、ボールのスピードや軌道、
選手の動きの速さは、テレビよりもよくわかります。
コピー (1) ~ 3 
コピー (1) ~ 4 
コピー (1) ~ 5 
コピー (1) ~ 6 
コピー (1) ~ 7 

男子は200km/hを超えるサーブを打つ選手がたくさんいます。
ベースライン後ろのフェンスがすごく低いので、
VIP席にはサーブの流れ弾がガスガス突き刺さっていました
少しもボールから目が離せません。
ラオニッチのサーブは特に危険でした

感想
・パワーポイント
 (宣言してそのポイントを取ったら2ポイントになる)とか、
 ポイント間に音楽が流れるとか、
 公式戦とはまた違った雰囲気の試合でした。
 時間短縮のため、サーブがレットしても
 そのまま続けなければならないので、
 リターン側は大変そうでした
・錦織選手は1日目と3日目に登場。生で見られてよかったです
・シャラポア、イバノビッチは
 すらっと背が高くてとても綺麗でした
・セレナは筋肉ムッキンムッキンでした。
 フォアのクロスでエースを何本も取っていましたが、
 精度の高さがお見事でした
 ベースラインから光速バックハンドをたたき込んで、
 瞬時にネットに詰めてハイボレーをバシッ、
 でもネットにビシィッというプレーがありました。
 ミスはしましたが、まさに電光石火の、
 世界最高峰のプレーでした。
・レジェンド枠の選手も、
 現役選手と遜色ない素晴らしいプレーでした。
 サフィンのバックハンドは格好いいですね
 イバニセビッチは相変わらずサーブが速いし、
 現役時代よりストロークが上手くなったんじゃないか
 と思える程でした。
・身体能力が超高いキリオスの強烈フォアハンドは圧巻でした。
 練習中に披露するトリックショットも見ていて楽しかったです
 Top10入りはもうすぐでしょうね。
・男子ダブルスは、至近距離からの高速ショットの応酬でした。
 それを恐れずボレーしたり、
 果敢にポーチに出たりと凄かったです
 ダブルスで勝つには積極性が必要だというのが
 改めてよくわかりました。
 自分のテニスにも生かしたいですね。

プロの試合は全てが異次元でした。
次は東京オリンピックのテニスや、
グランドスラムが見に行けたらいいなぁ・・・。
コピー (1) ~ 8 

タグ : テニス

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.05.11 (Mon)

赤松真理子 (生活)

月曜日の河野コーチのクラスでお世話になっている赤松です

この春、小2の時からほぼ10年、
山陽テニススクールでお世話になっていた長男が、
大学進学のため東京に旅立つことになりました
といっても、私の実家が千葉なので、そこから通うのですが…

長男の新しい学び舎となる早稲田大学は、
コピー (1) ~ 1
コピー (1) ~ 2
中退をしている芸能人が多いことからも分かるように、
とても自由な校風で、
サークル活動が日本一盛んだと言われています
非公認のサークルも含めると、
3000ぐらいのサークルが存在しているそうです。
中には「女装クラブ」や「魔法研究会」などもあり、
何を研究しているのか知りたいような知りたくないような…
新入生たちは、説明会や入学式の後、
待ち構えていた先輩たちのビラ攻撃に会い、
各ブース、新歓コンパへと引っ張られていくようです。
コピー (1) ~ 3
コピー (1) ~ 4
青春を一緒に過ごす一生の仲間ができるのです。
よい出会いがあることを願うばかりです

私は、入学式には出席せずに、上野公園へお花見に行きました
何度も行き慣れている公園ですが、
やはり上野公園の桜は圧巻です。
上野公園
コピー (1) ~ 5
桜は変わらないのですが、
お花見に来ている人のなんと国際色豊かなことか…
半数以上が外国の方のようでした

私と次男が実家(千葉)から福山に戻る日、
しばらく長男とはお別れなので、ゆっくり食事でも取ろうと、
品川プリンスホテルのHAPUNAの予約を取りました。
最大級の規模をほこるバイキングで人気のレストランです
コピー (1) ~ 6
コピー (1) ~ 7
ところがところが、
長男「ごめん、新歓練習に誘われたから行けなくなった
ええっ ありえない…
そんな私たちの驚きも全くスル―して、
コーチに無理を言って用意してもらった
「錦織モデルのラケットBRUN」を背負って、
有明テニスの森公園へと旅立っていってしまったのでした

私もそろそろ卒業しなくてはいけないのかな…

タグ : 生活

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.18 (Mon)

赤松勇希 (テニス)

皆さん、こんにちは赤松です

スクールに通い始めてから、8年になります

いや~、かなり長い間お世話になってますね。

さて、山陽のブログに掲載させていただくのは、
これで2回目になります。

前回は「とあるエビ事件」について書きましたが、
今回は自分のテニスの歴史について書いていこうかなと思います。


<初めてのランキングマッチ>

初めての試合

初めて出場したランキングマッチ。
打ち方はひどいものですが、なんとジュニアE級優勝


<小6のランキングマッチ>

小6

12月、受験前にも関わらず、出場
ジュニアAリーグで奮闘中


<中3のランキングマッチ>

中3

自分に合ったフォームが見つからず、伸び悩んでいた時期
試行錯誤した日々でした。


<高2>

高校

ようやく自分に合うプレースタイルを手に入れ、伸び伸びとプレイ
この頃に秋季総体もベスト8


<市長杯D級>

D級3位

一番新しい試合なので、詳しく書こうと思います。

やはり、ベスト8掛けの試合が印象的です
最初はテンポ良く5ゲーム取ったものの、
そこから怒涛の反撃にあい、気付けば5-5
昔だったら委縮してしまう場面でも、
長年の経験のおかげで地道に粘り続け、なんとか勝利
大変な試合でしたが、これで随分自信がつきました。

そして、大原さんとの試合では、中盤辺りから粘り負け始めました
特に、2連続でパスを抜かれた時は、
自分でも分かる程、心が折れました……
少しずつポイントを積み重ねられ、最終的には大差で敗北

それでも、念願の第3位
そして、何故か優勝した大原さんより中央に写っている自分


この8年間、山あり谷ありのテニス人生でしたが、
それでもここまで続けてきて良かったと思います

僕のテニスを支えてくれた山陽テニススクールに感謝


タグ : テニス

12:30  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.26 (Mon)

秋山瑞樹 (生徒紹介)

今日は 秋山瑞樹です

四年生のときからスクールに通っています。

コピー (1) ~ CIMG2891

この春から中学生になりました。

部活は、テニスをやっているので、ソフトテニス部にはいりました

毎日楽しくやっています

僕の楽しみは、2つあります

1つ目は、家でテレビを見ることです

特に、アニメのONEPIECEや、
バラエティーのピカルの定理などをよく見ます。

2つ目は、テニスです

ソフトテニスも楽しいけれど、硬式テニスも楽しいです。

つい先日のランキングマッチでは、
良い結果が出せたので、嬉しかったです

これからも、よろしくお願いします。

タグ : 生徒紹介

12:00  |   |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT